October 2009

October 25, 2009

家守奇譚

夜、帰宅し、手洗いしようとパウダールーム、、、いや、洗面所に行くと
天井から何やらグレーの個体がバサッと降ってきた。

yamori1

やもりくんではないか!
しかも笑顔でお出迎え。
やぁ、こんばんは~♪

せっかくなので撮影してもよろしいか?

yamori2

害虫を捕食してくれることから、家を守る「家守」として昔から親しまれてきた生物ですが、
もともとは日本固有種ではなく、外来種なのだそう。
なので、日本の原生林には生息しないんだって。

お互い夜行性なのでご対面しちゃった。

冬眠前の腹ごしらえ、自由にやってね~。



littletepee|PermalinkComments(2)TrackBack(0) いろいろ 

October 19, 2009

いい「場」

yaga!  今回も無事、終了しました!
cafe de Yagavent(カフェ・ド・ヤガヴァン)でのワークショップ。

ヤガヴァンは、一番最初にアロマのワークショップを開かせて
頂いたお店。当時からオーナーのしんちゃんには、いろいろ相談に乗ってもらったり、お世話になりっぱなしでいつも感謝です。

今回も、常連さんから新規の生徒さんまでお集り頂き、
のんびり楽しい時間が過ごせました。

ワークショップをやってて、いつも心がけるのは、
いい「場」を作ること。

アロマに関して、きちんとレクチャーしていくのはもちろんですが、大事な時間と参加費を払って来てくれた生徒さんに、
「来てよかった~」と思って帰ってもらう事が何よりだと思っています。

それには、いい「場」を作ること。
私がレッスンをさせてもらっているお店は、どこもまず「場」がいいんです。
店そのものの雰囲気や、スタッフの方々の温かい気持ちにいつも助けられています。
なので、そこに乗っからせてもらって、次は、自分がいいレッスンの場を作る(ように努める)。
そうすると、そこにいる生徒さんたちも自然といい場を作ってくれます。

そういう相乗効果をもっともっと高められるといいなーと思っています。

この日は、「クレイパック」を作りました。
クレイとは粘土のこと。

粘土の持つ吸着力を期待したパックです。
「子供の頃、よくやった泥遊びを思い出す~!」なんて声もありつつ・・・。

その日の夜に、生徒さんから「早速使ってみて、毛穴キレイになりました!素晴らしい~!」というメールも頂き、
ホッとひと安心。
感想を頂けたりすると嬉しいもんだなぁ^^

pan2

ヤガヴァンのレッスンは、帰りにお土産パンもついてくるという出血大サービス。
しんちゃんの作るパンはホントにおいしくて、噛みごたえがあって腹持ちもいい!
いつもおいしいパンをありがとうございます。

pokepan

撮影してたら、うちのクレクレ犬、ティピ山さんがしつこくパンを狙ってくるのでやりづらい。


さて次回は、もうひとつのいい「場」、SAN CAFE(サンカフェ)にてワークショップを開催します。

11/27(金)20:00~21:30 @SAN CAFE (世田谷区・三軒茶屋)

詳細は、近日中にHPにアップしますので、皆さんチェックしてみてくださいね。
次は何をやろうかな~~。リクエストもお待ちしておりまーす♪











littletepee|PermalinkComments(2)TrackBack(0) アロマセラピー | 自然療法

October 16, 2009

ジンジャー

・・・といっても、ベイカーではありません。
ショウガの話。

先週の台風でゴーヤ亡きあと、うちのなんちゃって菜園に残るはショウガのみとなってしまいました。

毎年、春になると種ショウガを入手するのですが、量がたくさんあるため、今年はプランターと地植えの両方に
トライして、生育の差を観察しました。

ショウガは水を切らせてはならないので、せっせと水やりにはげむ日々。
ところが、夏過ぎた頃から、地植えショウガのムクムクとした成長に比べて、プランターショウガの成長が芳しくない!

あれ~~?おっかしいなぁ~、と思い、両方、掘り起こしてみると・・・

yoishogadameshoga

      OKショウガ (地植え)            ダメショウガ (プランター)

この差は何でしょう!

過保護に水をやりすぎたせいで、プランターショウガは、掘ってみたら種ショウガ自体が腐って、
くちゃっと潰れていました。右写真の下の茶色いかたまりがそれ。
いわゆる根ぐされってやつですか。

地植えショウガの方は、種ショウガもしっかりしてて、そこから延びた新ショウガの色もきれい。こちらは上出来♪

OKショウガはまだまだたくさんあるので、つまみや薬味にはもちろん、
これからの寒い時期、重宝するハチミツショウガも作っときました。

chibi

しょうがをできるだけ薄くスライスして、ハチミツに漬け込むだけ。

喉が痛い時や風邪の時には助かります。

ジンジャーは精油としてもあり、決して良い香りとは言えませんが、
スパイスとしてのショウガ同様に、人を元気づけてくれます。
その作用は、心と身体を刺激してくれ、去痰、解熱、消毒、発汗などなど、やはり冬のトラブルの強い味方。

ハチミツの持つ、殺菌、抗炎症作用などと併せるとパワー倍増です。

季節に応じて、いろんな植物(ハーブ)や精油を使いこなせると、それは立派な予防医学。
そこを深く知る作業もまた楽しいのです。



littletepee|PermalinkComments(2)TrackBack(0) アロマセラピー | 自然療法

October 08, 2009

Neroli

ネロリ。
「精油の中で一番好きな香りは?」と聞かれたら迷わずネロリと答えます。
「ネロリ」という響きもいい。

この精油は、ビターオレンジの花から抽出するのですが、ローズやジャスミン同様、収油率が低いのでとても高価。

幸福感をもらたし、女性機能を高めてくれたり、細胞の成長を促して、お肌を若返らせてくれるところなど、
ローズの精油と作用がとても似ていますが、ローズに比べてネロリの方がユニセックスな香りだと思います。

柑橘系のさわやかさと、お花の上品な香りがミックスされた、なんとも言えない優美な香り。
「ここをクリック」で、香りが漂ってくるシステム、誰か作ってくれないかなぁ~。

で、このネロリなんですが、アンビエントの王者、かのブライアン・イーノさんも、どうやら魅せられた模様。
ほら、ジャケットも笑ってるでしょ?

neroli!

93年のアルバム、その名も「NEROLI」。
当時、ブライアン・イーノはアロマセラピーに凝ってたそうで、ネロリの香りにインスパイアされて、
このアルバムを作ったんだとか。

ライナーノーツには、

「このアルバムは、実際、出産時にしばしば使用され、
いくつかの産院では、なかば必需品のようになっている。
イーノも、明らかにこうした利用のために、
このアルバムの長めのバージョンをリリースしようと計画している。」

と記載。

ふむふむ。さすが鬼才。

このアルバム、58分の1トラックのみで構成されていて、延々、ぼんやりしたフレーズが続く、ミニマル・ミュージック。

個人的には、ネロリの明るい爽やかな香りからは、想像しづらい陰鬱な作品だなぁと思うのですが、
どんなイメージで創作にはげんだのか、本人に直接聞いてみたいところであります。

イーノの曲は、寝るときのBGMでよくかけているのですが、とにかく寝れる!                                         いまだかつて、最後までちゃんと聴いた試しがありません!

眠るためにかけてるんだから、それでいいのか。。。












littletepee|PermalinkComments(3)TrackBack(0) アロマセラピー | 音楽

October 04, 2009

満月病?

十五夜お月さま。

月を愛でるのは嫌いじゃないんですが、私にとって満月は恐怖の日なんです・泣。

高い確率で不調をきたします。
とにかく体がだるく、手足がうっ血して、「あー、ここ、、血の流れが滞ってるわ~。」って、
どこに老廃物が溜まってるか、ピンポイントで分かります。
脳もぼーっとするので、知的な活動からはエスケイプ。

そんな状態を自分の中で「満月病」と呼んでます。
皆さんは、満月、大丈夫ですか?

それで思い出したのですが、少し前、満月とは関係なく、絶不調の日がありました。
とにかく背中から上がピキピキに。
体中に鉄板が張り付いてるみたいな感じで身動きが取れず、頭皮も熱っぽい。

満月病とは違い、脳はしっかりしてたので、「こりゃいかん!」と、ここぞとばかりに自然療法を駆使して
ホームケアに挑んだわけです。

rosemary!

庭のローズマリーを大量に切って、湯船にバシャっ。
解毒作用のあるジュニパーやキャロットシードの精油もバスソルトにして投入。しばらくゆっくり浸かりました。

そのあとは、ホメオパシーの出番。

homeo!

ホメオパシーにはホントによくお世話になってて、いろんな症状に対応してくれる、うちにとっては救急箱みたいなもの。

間違ったレメディをチョイスしてしまっても、それはそれで、ただの砂糖玉と化するだけなので安心して使えます。

マイライフに欠かせないもの。
「いいもの知ってるよ~~。」っていろんな人に言いたい。

奥が深いホメオパシーなので、日本ではまだまだ浸透していませんが、
多くの人に理解される日が来ると、いろんな事が変わってくるような気がします。

さて。
ローズマリー風呂、ホメオパシーときて、最後はやはり人の手。
背中をマッサージしてもらい、仕上がりました。

身体の中に溜まってる毒素がすーっと抜ける感じ。
これを感じられた時は、不調からの脱出、成功~~!






littletepee|PermalinkComments(4)TrackBack(0) アロマセラピー | 自然療法