November 2009

November 26, 2009

カワイインダヨ~!


オイッス

読書の秋もさることながら、衝動買いの秋でございます。
あったかグッズを続けざまにゲットしました。

別の物をネットで物色中に何故かギャベのページにハマり、
セール中のお店を見つけ、ぐるぐるになってお買い上げ。

ギャベ(Gabbeh)はイランの遊牧民の手織物で、分厚い絨毯のことを言うのですが、
パイルが2cmくらいあってふっかふかです。

gabbeh1


遊牧民の絵柄なので、右のように動物がモチーフになってることが多いのですが、
左のやつには、真ん中より少しズレた中途半端なところに、ちっちゃい人がぽつんといるだけ。

でもこの感じが・・・

gabbeh3

カワイインダヨ~!!
side_top

続いての衝動買い。

muhlbauer2

ウィーンの老舗、MUHL BAUER (ミュールバウアー)の帽子。

ここの帽子はどの作品もほんとに素敵~~!
職人の技が光りまくってて、お店で見つけるたびにいつもうっとり眺めています。

全部ほしい!
無理!!


オールカシミアでとってもあたたかいし。
これなら真冬の自転車も大丈夫でしょう。(かなりもったいないけど)

写真ではうまく伝わってませんが、
なんとなくデブっとしたヒトデみたいな形をしています。

けどその感じが・・・

hitode

カワイインダヨ~!!







littletepee|PermalinkComments(4)TrackBack(0) いろいろ 

November 23, 2009

呼ばれる

hon

知り合いが荷物を処分するということで、ある日、本をたくさんもらいました。
私に合いそうなものを、、と思って選抜してくれたようです。

自分を少しずつ角度を変えて捉えるとこうなるよなぁ~、と自分でも思ったほど絶妙なチョイス。

大好きなおもちゃをいっぺんにもらったような気がして、どれから手をつけていいのか分からなくなったので、
移動中はこれ、寝る前はこれ・・・と、少しずつ楽しませてもらってます。

驚いたのは、「マクロビオティック料理」という一冊。
レトロな風合いで、よく見ると初版は1971年。すごい!

著者の桜沢里真氏は、マクロビオティック料理の創始者で、世界的な自然食ブームの発端を作った方なのだとか。
70年代にマクロビとは恐れ入りました。

マクロビの本は他にも持っていながら、今の生活の中ではあまり実践できずに読むだけで終わっている私ですが、
これも何かの縁。呼ばれる日を待ちましょう。

本は出会い。
いい出会いがあるとわくわくします。
音楽に対して貪欲な時は、音楽にどんどん呼ばれる。
どこかの土地が突然気になってしょうがない時は、呼ばれた気がして行ってみる。

今は、本に呼ばれることがとても多い。
だから、今はたくさん本を読む時なのだと思います。

kake





 



littletepee|PermalinkComments(2)TrackBack(0) 自然療法 | いろいろ

November 15, 2009

諸行無常

みなさま、ご無沙汰です。

復活しましたー!
と言いたいところですが、やっぱり体調崩してしまいました。

子供の頃は、風邪を引いても1日学校を休めばケロッとして、翌日登校できてたのに、
この回復力の遅さにはホトホト泣けてきます。

とはいえ、インフルで休校になっているところも多いこのご時世。
皆さんもご自愛下さいね。

前の日記から2週間。普通じゃない日々でした。
忙しすぎててんぱったり、トラブルが重なったり、体調を崩したり、いろんな試練でもって神様にテストされましたが、
結果発表があるとしたら限りなく不合格。

いかにうまく仕事をこなせるかではなく、いかに人としての力を発揮できるかのテスト。

全然だめすぎて自分でもびっくりですが、自分がどれくらいだめかを知るいい機会でもありました。

人生修行にきっと終わりはないのでしょう。

日記を放置している間も、ちょこちょこ覗いてくれてた皆さま、
ありがとうございました!!
大変なピークは過ぎたので、またこれから書いていきますね。


んでね、春と秋にくじらを見たよ。

kujira

↑ 春に見たくじら。


kujira4

↑ 最近遭遇したくじら。

川の流れと同様に、一瞬たりとも同じ形はなく、
刻々と変化する様は人生と同じであることだなぁ。











littletepee|PermalinkComments(3)TrackBack(0) いろいろ 

November 01, 2009

青空会議

ki

無理難題、仕事の山がピークに達している今日この頃なので、
ちょっとやさぐれてます。

何時間もぶっ通しの会議が連日続き、昨日も今日も明日もあさっても
同じ会議室で打ち合わせ。

言葉を選んで選んで、婉曲に婉曲に、発言すればするほど、真意から遠ざかり、
関わる人や会社の数が多ければ多いほど、話はシンプルに進みません。

仕事柄、会議といっても、本来はクリエイティヴなアイデアを出すべき場。
でも、「大人の事情」を解決することの方が優先になっているのです。

そんなことでは、「場」のいいエネルギーが出るはずもありません。

そんな折、ふと思いました。

たぶん、この会議室は、今日の会議に限らず、毎日毎日いろんな会議で
そうとうやられているのではないか。

ビルとビルに挟まれた部屋なので、日当たりも悪く、空気の流れも良くない。
窓も、「非常時以外は開閉しないで下さい。」と書いてあり、閉め切ってある。

そんな流れの滞った場所では、心がうきうきするようなアイデアも生まれるわけがありません。

というわけで、こないだ、会議が始まる前に、「開閉厳禁」を無視して、
窓をぐりっと開けてやりました。
少しでも新鮮な風が入りますように。

すると、入ってきたのは風ではなく、一匹の虫でした。

その虫に怖がって、キャーキャー騒ぎ出す出席者。

・・・その光景を見て、余計、落ち込んでしまった。。

しかし、しょうこりもなく、また閃いた。

意を決して、、、

「次回から、会議は天気のいい日に屋外に出て、芝生の上でやりませんか?
みなさん、スーツは禁止です。
どっちとも取れるような言い回しも禁止です。
そして、ときどき空や木や虫を見て、気分転換する時間を取りましょう!
きっと素敵なアイデアが浮かびますから!」

、、、なんて言えるばずもなく、また同じ一日が終わってしまったのでした。



littletepee|PermalinkComments(1)TrackBack(0) いろいろ