June 2010

June 17, 2010

循環

プチ野菜の収穫。

swis1


体に入るものなので農薬は使わずにいくぞ~ということで、
虫との格闘でしたが、スイスチャードだけは全然大丈夫!
これはおススメ。とっても育てやすい野菜です。
間引きさえをちゃんとすればあとは、ほとんど手間がかかりません。

swis2

イタメシ屋さんのサラダによくスイスチャードの若芽が入ってたりしますが、
今回はベーコンとニンニクでさっと炒めました。
シャキシャキしてて、ほのかに土の香りが♪

まぁ、ほうれん草みたいなもんです。

続いて、チンゲン菜。

chin1

こちらもブリブリ成長してくれるので育てやすいのですが、
やっぱり虫。

特に、「ハモグリバエ」。
葉っぱの裏に卵を産んで、孵った幼虫が葉の中を蛇行しながら食害。
葉っぱに、白いマジックでぐにゃぐにゃ線を引いたような跡があれば、ハモグリバエがいる証拠です。
その部分は、即座にちぎって捨てるべし・泣。

その後、収穫前にやられたのは、「カブラハバチ」の幼虫らしきもの。
食われるわ食われるわ。

chin2

まぁ、でも家で食べる分には全然アリ!ということで、
蒸したり、中華風にして頂きました。

見た目はともかく、採れたてはやっぱりみずみずしくてうまいよ!

仕事で毎日のように全国の農家さんとお話しする機会があるのですが、
本気で無農薬栽培に取り組んでいるプロの農家さん達をホント、尊敬します。
労力もお金もかかるのに、やはり皆さんおっしゃるのは、
「安全で本当においしいものを食べてもらいたい。」

自分で作ると、より実感できます。
だってね、土を選んで、種や苗を植え付けて、肥料をやって、、、
ってことを自分でやるんだから、
その野菜の根っこがどんなものを吸収して大きくなったか分かるでしょ?

それを食べるってことは、結局は、その土や肥料を食べているのと同じようなもの。

間接的だけど確実に循環してるんです。

そう思うと、ハードな薬を使って、中身よりも見た目を重視しようとは到底・・・。

どっかの直売所で、ちょっと虫に食われてたり、形が不揃いの野菜を見つけたら、
これこそは!と愛情を持って手に取ってあげましょう^^




littletepee|PermalinkComments(2)TrackBack(0) いろいろ 

June 08, 2010

ラズベリーリーフ

庭のなんちゃって菜園がぼちぼち収穫スタートです。

rasberry1

ラズベリー。
実が熟す前にまずやる作業は葉の収穫。

混み合ってくるのを防ぐ意味も含めてどっさり摘み取ります。

rasberry2

実に栄養が行く前に、葉は若いうちに摘み取るべし。
(となりは、ラディッシュ)

で、これを十分に乾かして水分を飛ばす。

5

パリパリになったら、ミキサーにかけて粉砕するよ。

rasberry4

どっさり収穫した葉も粉砕すればこんなちょっとになります。

rasberry5

ミントの葉をちょいとちぎって浮かべ、
ラブベリーリーフのハーブティーの出来上がり~♪

クセがなく、飲みやすいラスベリーリーフティーですが、
このハーブ、特に女性にはおススメで、
母体の強壮や生理痛、PMSの予防にも有効とされています。

他にも、粘膜の炎症を鎮める働きや収斂(←引き締め)作用もあるので、
軽い下痢やのどの痛みなどを緩和してくれる頼もしいハーブなんです。

ハーブは場所も手間もかからないので、
是非、みなさんも何か育ててみてください。
生活のいろんな場面で使えますよ~!

これからどんどんいろんなものが収穫できてくるので庭も本領発揮。
相変わらず虫と格闘しておりますが^^。






littletepee|PermalinkComments(2)TrackBack(0) 自然療法