November 01, 2009

青空会議

ki

無理難題、仕事の山がピークに達している今日この頃なので、
ちょっとやさぐれてます。

何時間もぶっ通しの会議が連日続き、昨日も今日も明日もあさっても
同じ会議室で打ち合わせ。

言葉を選んで選んで、婉曲に婉曲に、発言すればするほど、真意から遠ざかり、
関わる人や会社の数が多ければ多いほど、話はシンプルに進みません。

仕事柄、会議といっても、本来はクリエイティヴなアイデアを出すべき場。
でも、「大人の事情」を解決することの方が優先になっているのです。

そんなことでは、「場」のいいエネルギーが出るはずもありません。

そんな折、ふと思いました。

たぶん、この会議室は、今日の会議に限らず、毎日毎日いろんな会議で
そうとうやられているのではないか。

ビルとビルに挟まれた部屋なので、日当たりも悪く、空気の流れも良くない。
窓も、「非常時以外は開閉しないで下さい。」と書いてあり、閉め切ってある。

そんな流れの滞った場所では、心がうきうきするようなアイデアも生まれるわけがありません。

というわけで、こないだ、会議が始まる前に、「開閉厳禁」を無視して、
窓をぐりっと開けてやりました。
少しでも新鮮な風が入りますように。

すると、入ってきたのは風ではなく、一匹の虫でした。

その虫に怖がって、キャーキャー騒ぎ出す出席者。

・・・その光景を見て、余計、落ち込んでしまった。。

しかし、しょうこりもなく、また閃いた。

意を決して、、、

「次回から、会議は天気のいい日に屋外に出て、芝生の上でやりませんか?
みなさん、スーツは禁止です。
どっちとも取れるような言い回しも禁止です。
そして、ときどき空や木や虫を見て、気分転換する時間を取りましょう!
きっと素敵なアイデアが浮かびますから!」

、、、なんて言えるばずもなく、また同じ一日が終わってしまったのでした。



littletepee │Comments(1)TrackBack(0) いろいろ 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by アユ大好きくん   November 03, 2009 12:10
4 同感で~す。上司の顔色うかがって、ことなかれ主義の世の中に閉息感を感じます。
これからは幸ちゃんの様に漫然と過ごすのでなく、時にはどうして?何故?こうしませんか?などと提案できる様輝きます

コメントする

名前
 
  絵文字