December 02, 2009

白血球

sancafe

先日は、世田谷区・三茶にある、SAN CAFEでのアロマワークショップでした。

オーナーのえらちゃんとは、関西時代からの友人。
その頃は仕事場で遭遇しても、「お疲れ様です~。」くらいの感じだったのが、
お互い東京に来てからすっかり飲み友達になってしまい、以後、ずっと仲良く、深く、
おつきあいさせてもらってる大事な仲間です。

この日の内容は、この時期の必須メニュー。
アロマセラピーで、免疫力を上げて風邪やインフルのウイルスから体を守ろう!という
家庭でできる予防医学の話をしました。

となると、まずは、風邪のメカニズムや免疫について理解しておく必要があります。

免疫というと、おもに血液(白血球)の働きを知ることが要になってくるのですが、
実は、私、解剖生理学の授業の中で何故か一番好きだったのが、このややこしい免疫系のところでした。

以来、試験勉強が終わっても、ちょこちょこ免疫がらみの本を、買っては読み買っては読み、
今ではすっかり趣味の範疇。

なぜか?
免疫力は自律神経に関係していて、自律神経はこころとからだの両方に関係がある、
つまり、こころとからだはつながっているということです。

アロマセラピーだけではなく、自然療法全般に共通する点は、
こころもからだもあわせて、人間全体まるっと丸ごとみよう
という考え方にあるのですが、

この考え方を、「ホリスティック」といいます。

私はこのホリスティックという言葉が大好きです。

逆説的になりますが、、だから、免疫の話に興味を惹かれるのです。

でも、少しは知識がないと、いきなり「白血球が・・・」なんて言われても皆さん困るでしょう?
どうすれば分かりやすく伝えられるかな~と思っていたところに、えらちゃんから、
「小学生のお嬢さんがママと参加されるって予約が入ったよ!」との連絡。

小学生のお子さんに免疫の話・・・!!汗タラ~~。

難問がやってきた!
朝まで試行錯誤開始。

でも、やってるうちになんだか楽しくなってきて、
この楽しさを伝えればいいんだ!と楽観的に。

当日、お会いしてみると、
これがホントに良くできたお嬢さんで、ニコニコしながら大人に交じって話をし、楽しそうにメモを取ってくれました。

ko2

ko

すごい!よくまとまってる。

5年生のゆかちゃん、ありがとう~~。
そして、参加してくれた皆さん、どうもありがとうございました。

年内のワークショップは終わりです。
次は、年明け1月。

2010年1/17(日)15:00~16:30 @Cafe de Yagavent (横浜・白楽)
2010年1/29(金)20:00~21:30 @
SAN CAFE (世田谷区・三茶)

1/17のヤガヴァンでは、免疫の話をする予定です。
お近くの方は遊びに来て下さいね~。




littletepee │Comments(3)TrackBack(0) アロマセラピー | 自然療法

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by ちこ   December 11, 2009 11:42
ユキちゃんは教えるのがとっても上手ですもの。意外に学校の先生なんてのも向いてますね。
2. Posted by yokoM   December 11, 2009 12:59
まさに!心と体はつながってますよね。
私は気合いが入っているときは何故か風邪菌がよりつきません!!
「手当て」という言葉、まさに子供の頃、お母さんに患部を手でさすってもらうとアラ不思議★ラクになっていくよぉ~。アララ?ちょっと本筋とズレた話になっちゃったかな?!
3. Posted by YUKI   December 13, 2009 23:32
ちこさん
人に教えるのは自分にとってもすごく勉強になるのでいろいろ発見があって楽しいですよ~。

yokoMさん
「手当て」とはよく言ったものですよね^^
症状が良くなっていく気がするのではなく、
本当に良くなるんです。
やっぱり、こころとからだがつながってるからなんですね。

コメントする

名前
 
  絵文字